矯正の無料相談実施中(まずは電話予約から)

078-975-6401
  • 診療時間

    9:30~13:00 / 15:00~20:00
    ※土曜午後診は14:00~17:00
    ※受付時間は30分前まで

  • 休診日

    日曜・祝日・水曜午後

Instagram

5台まで駐車場あります

ブログ

【長持ちのコツ】ジルコニアクラウンの寿命|オススメのメンテナンス方法

皆さん、こんにちは。

神戸市西区にある「おち歯科クリニック」の院長 越智敏幸です。

 

「ジルコニアクラウンの寿命ってどれくらい?メンテナンスは難しいの?」

ジルコニア治療をご検討中の患者様、ジルコニア治療を終えた患者様で、この様な疑問をお持ちの方は多くいらっしゃいます。

実は、ジルコニアクラウンの寿命は適切なケアによって大きく延ばすことが可能です。通常、良好な状態を保てば10年から15年以上は持つとされています。

この記事では、ジルコニアクラウンが長持ちする理由と、その寿命をさらに延ばすためのおすすめメンテナンス方法をわかりやすく解説します。

 

>>「ジルコニアとは」まとめ記事はこちら

 

ジルコニアクラウンの基本的な特徴と寿命

ジルコニアクラウンの基本的な特徴と寿命

ジルコニアクラウンは、美しさと強度が特徴の歯の治療に使われる材料です。ジルコニアは、ジルコニウム酸化物を主な成分とし、自然な透明感と色合いが優れています。とても硬く、摩耗に強いため、奥歯のような噛む力が強くかかる部分にもよく使われます。

ジルコニアクラウンとは

ジルコニアクラウンは、丈夫で見た目が自然なセラミックの一種です。金属アレルギーの心配がなく、金属を使いたくない患者様に適しています。隣の歯との色の違いが目立たず、まるで自分の歯のように見えるのが特徴です。

ジルコニアクラウンの平均的な寿命

ジルコニアクラウンは、正しいケアとメンテナンスを行えば10年から15年以上持つとされています。ただし、患者様の口の中の状態やクラウンへの負担の程度、定期的な歯科検診を受けているかどうかによって、その期間は多少前後します。適切な扱い方と定期的なチェックで、さらに長持ちさせることができます。

 

ジルコニアクラウンのメンテナンス方法

ジルコニアクラウンのメンテナンス方法

ジルコニアクラウンの美しさと機能を長く保つには、適切なメンテナンスが欠かせません。日々のケアがクラウンの寿命に大きく影響するので、正しいやり方を理解して実践することが大切です。

日々のケアの仕方

ジルコニアクラウンの日常のケアは、自分の歯と同じように行います。1日最低2回(できれば3回)、歯ブラシでていねいに磨くことが基本です。フッ素入りの歯磨き粉を使うと効果的で、デンタルフロスや歯間ブラシも使って、クラウンと自分の歯の間や、クラウンの周りの汚れを取り除くことを忘れずに。

専門家による定期的なチェックの大切さ

ジルコニアクラウンの状態を長く良好に保つには、歯医者さんでの定期的な検診が必要です。3~4ヶ月に1度は歯のクリーニングを受けることをおすすめします。これにより、見落としがちな歯垢や初期の問題を見つけて、早めに対処することができます。定期的なチェックは、クラウンだけでなく、口全体の健康を維持するのにとても効果的です。

 

長持ちさせるための具体策

ジルコニアクラウンを長持ちさせるための具体策

ジルコニアクラウンの寿命を延ばすには、日頃の注意と適切なケアが必要です。ここでは、その対策を具体的に説明します。

適切な歯の磨き方

ジルコニアクラウンを長持ちさせるには、正しい歯の磨き方を身につけることが大切です。柔らかい毛の歯ブラシを使い、歯と歯ぐきを傷つけないようにやさしく磨きます。特にクラウンの周りは汚れがたまりやすいので、一定の力で歯ブラシを動かし、ていねいに磨く必要があります。

避けるべき悪い習慣

ジルコニアクラウンの寿命を縮める可能性がある日常の習慣には、以下のようなものがあります。

  • 硬いものを噛むこと:ナッツや氷など、とても硬いものを噛むとクラウンが壊れるおそれがあります。
  • 歯ぎしり:無意識のうちにしてしまう歯ぎしりは、クラウンに大きな力がかかり、ひびや欠けの原因になります。歯ぎしりをする方は、歯科医師に相談して、ナイトガードの使用をおすすめします。
  • 歯でふたを開けるなど:歯をペットボトルのキャップ開けなど、食べること以外に使うのはやめましょう。クラウンだけでなく、自分の歯にもダメージを与えてしまいます。

 

ジルコニアクラウンの交換時期とサイン

ジルコニアクラウンの交換時期とサイン

ジルコニアクラウンも永遠に持つわけではありません。適切なタイミングで交換することで、お口の健康を保ち、他の歯への悪影響も防ぐことができます。ここでは、クラウンの交換時期を見極める重要なサインについて説明します。

交換を検討すべき兆候

ジルコニアクラウンを交換すべきかどうかを判断するには、以下のようなサインに注意してください。

  • クラウンのゆるみや動き:クラウンがぐらついたり、噛むたびに動く感じがしたりする場合、接着がうまくいっていない可能性があります。再接着または作り直しが必要なサインです。
  • クラウンのひびや欠け:クラウンにひびが入ったり、欠けたりした場合、クラウンの構造的な強度が損なわれています。このまま放っておくと、土台の歯が虫歯になるリスクが高まります。
  • 痛みや違和感:クラウンが原因で痛みや違和感がある場合、根元の歯が虫歯になっているか、歯周病の可能性があります。早めに歯科医師の診断を受けることが大切です。

交換の流れ

クラウンの交換は、古いクラウンを外して、新しいクラウンに取り替える方法で行います。まず、歯科医師が今のクラウンの状態をチェックし、必要に応じて土台の歯を再治療します。その後、新しいクラウンを作製し、形を整えてから接着します。この治療は数週間以上かかることがあり、完全に修復するまでには何度か通院が必要です。

 

ジルコニアクラウンの寿命を縮める原因

ジルコニアクラウンの寿命を縮める原因

ジルコニアクラウンは丈夫だとされていますが、いくつかの外的要因でその寿命が縮むことがあります。先ほどの「避けるべき悪い習慣」でも触れましたが、ここでは、ジルコニアクラウンの寿命を縮めてしまう主な原因をもう少し詳しく見ていきましょう。

 物理的ダメージの影響

ジルコニアクラウンの寿命を大きく縮める主な原因の一つは物理的ダメージです。歯ぎしりや歯を強く噛みしめること(クレンチング)などが含まれます。こうした行為は、クラウンに過度の力を加え、小さなひびや割れを引き起こす可能性があります。また、硬いものを噛んだり、歯を使ってものを開けたりすることも、クラウンにダメージを与える原因となります。

化学的な反応による劣化

口の中の化学的な環境もジルコニアクラウンの劣化に影響します。例えば、非常に酸性またはアルカリ性の強い食べ物を頻繁に食べると、クラウンの表面がゆっくりと侵食される原因になります。また、一部のマウスウォッシュや歯磨き粉に含まれる強い化学物質は、クラウンの光沢を失わせることもあります。適切な口腔ケア製品の選択と定期的な歯科検診が、これらのリスクを最小限に抑えます。

 

ゴールドクラウンとジルコニアクラウンの寿命比較

ゴールドクラウンとジルコニアクラウンの寿命比較

ゴールドクラウンとジルコニアクラウンは、どちらもとても長持ちする治療法です。この2つの材料の特徴と寿命を比べることで、患者様が自分に合った選択をする手助けになります。

ゴールドクラウンのメリットとデメリット

ゴールドクラウンは、丈夫で柔軟性があり、長年使われている治療材料です。ゴールドクラウンは摩耗しにくく、とてもやわらかい素材なので、隣の歯や噛み合わせの歯に優しいとされています。ただし、金色の見た目が見栄えの面で問題になることもあり、特に前歯など目立つ部分にはふさわしくないと感じる患者様もいます。また、金属なので、まれに金属アレルギーの原因になることがあります。

ゴールドクラウンとジルコニアクラウン、どちらが長持ちするか

一般的に、ゴールドクラウンの寿命はとても長く、適切なケアをすれば20年以上使うことができます。一方、ジルコニアクラウンも適切なメンテナンスをすれば15年から20年以上の寿命が期待できますが、硬さと摩耗への強さではゴールドクラウンに劣る可能性があります。ジルコニアクラウンは見た目が自然で、見栄えを重視する患者様には適した選択肢です。ただし、歯ぎしりなどの癖がある場合は、ゴールドクラウンの方が長持ちすることもあります。

 

ジルコニアクラウンについてよくある質問

ジルコニアクラウンについてよくある質問

ジルコニアクラウンを選ぶ際、多くの患者様がさまざまな疑問を持たれます。ここでは、よくある質問とその答えをご紹介します。

ジルコニアクラウンはどのくらい持つの?

ジルコニアクラウンの寿命は一般的に10年から15年とされていますが、適切なケアとメンテナンスを行えば20年以上持続することもあります。クラウンの寿命は、患者様のお口の状態や生活習慣、磨耗の程度によって変わってきます。

ジルコニアクラウンのメンテナンスに必要なことは?

ジルコニアクラウンのメンテナンスには、普通の歯と同じように、毎日の歯磨きとフロスの使用が必要です。さらに、3~4ヶ月に一度の歯のクリーニングを受けることをおすすめします。これにより、クラウンの下の歯ぐきの健康を保ち、クラウン自体の寿命を延ばすことができます。

ジルコニアクラウンを選ぶ際の注意点は?

ジルコニアクラウンを選ぶ際は、その硬さが自分の歯に過度の負担をかけないか、専門的な評価を受けることが大切です。また、色合わせが難しい場合もあるので、見た目を重視する場合は慎重に選ぶ必要があります。歯科医師とよく相談して、自分のお口の状態に最適な材質を選ぶことが肝心です。

ゴールドクラウンとジルコニアクラウン、健康への影響はどう違う?

ゴールドクラウンはアレルギー反応を起こすことが少なく、長期間使用できますが、金属イオンが溶け出すことが心配される場合があります。一方、ジルコニアは生体親和性が非常に高く、アレルギー反応のリスクがとても低いため、アレルギー体質の方や敏感なお口の患者様におすすめです。

 

まとめ:ジルコニアクラウンの寿命を長くする方法

まとめ:ジルコニアクラウンの寿命を長くする方法

ジルコニアクラウンは多くの患者様にとって見た目と機能の両方を高める、おすすめの治療法です。ここでは、ジルコニアクラウンの寿命を最大限に延ばし、その美しさと機能を長く保つための重要なポイントをまとめます。

ジルコニアクラウンの寿命を左右する主な要因

ジルコニアクラウンの寿命は、日々のケアによって大きく変わってきます。クラウンが長持ちするかどうかは、以下の要因に左右されます。

  1. 日常のケア:クラウンと自分の歯の両方を定期的に清掃することで、歯垢や歯石のたまりを防ぎ、虫歯や歯周病のリスクを減らします。
  2. 定期的な検診:歯科医師による定期的な検査は、小さな問題を早期に発見し、適切なタイミングで治療を行うことでクラウンの寿命を延ばすのに役立ちます。

日常のお手入れと寿命を伸ばすコツ

日常のお手入れはジルコニアクラウンの寿命を延ばすのに欠かせません。以下のケアを心がけてください。

  • 正しい歯磨き:柔らかい歯ブラシを使い、クラウンと歯ぐきの境目に特に注意しながらやさしく磨きます。
  • デンタルフロスの使用:毎日のデンタルフロス使用は、クラウンの周りの隙間に残る食べカスや歯垢を取り除くのに効果的です。
  • 避けるべき行動:歯ぎしりや硬いものを噛むことは避け、必要ならマウスピースを使いましょう。

ジルコニアクラウンの美しさと機能を保つ方法

日頃のホームケアに加えて、歯科医院によるサポートも大切です。3~4ヶ月に一度の歯のクリーニングと定期的な歯科検診を受けることで、ジルコニアクラウンの美しさと機能を最大限に保つことができます。また、何か問題を感じたらすぐに歯科医師に相談することが重要です。

 

ジルコニアクラウンの適切なケアとメンテナンスは、その寿命を大きく左右します。もし、この記事を読んで、ご自身のクラウンの状態について気になる点がありましたら、ぜひおち歯科クリニックまでご相談ください。

定期的なチェックとプロのケアが、患者様の大切なクラウンを守り、健康なお口の状態を維持する鍵となります。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

 

おち歯科クリニック

院長 越智 敏幸