矯正の無料相談実施中(まずは電話予約から)

078-975-6401
  • 診療時間

    9:30~13:00 / 15:00~20:00
    ※土曜午後診は14:00~17:00
    ※受付時間は30分前まで

  • 休診日

    日曜・祝日・水曜午後

Instagram

5台まで駐車場あります

ブログ

マウスピース矯正で歯並びを整える前に知っておきたいこと

こんにちは、神戸市西区の歯医者 おち歯科クリニック院長の越智 敏幸です。今回は、「マウスピース矯正で歯並びを整える前に知っておきたいこと」についてお話をしていきます。

 

目次

  1. マウスピース矯正とは
  2. マウスピース矯正のメリット
  3. マウスピース矯正のデメリット
  4. 矯正前に必要な検査・治療
  5. マウスピース矯正の期間と費用
  6. 矯正後のケア
  7. まとめ

 

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、透明なプラスチック製のマウスピースを用いて歯並びを整える方法です。歯にフィットするように作られたマウスピースを装着し、歯を徐々に動かすことで矯正が行われます。従来のワイヤーやブラケットを使用した矯正方法と比べ、見た目が目立たず、痛みが少ないことから人気の矯正方法となっています。

 

マウスピース矯正のメリット

(1) 見た目が自然

マウスピース矯正は透明で目立ちにくいため、矯正中でも自然な見た目を保つことができます。特に大人の矯正治療に適しています。

 

(2) 取り外しが可能

マウスピースは取り外しができるため、食事や歯磨きの際に外すことができます。これにより、食事の制限が少なく、口腔ケアもしやすいです。

 

(3) 痛みが少ない

従来の矯正治療に比べて、マウスピース矯正は痛みが少ないとされています。歯を少しずつ動かすので、矯正に伴う違和感も軽減されます。

 

マウスピース矯正のデメリット

(1) 限定的な矯正範囲

マウスピース矯正は比較的軽度〜中程度の歯並びの悪さに対応していますが、重度の不正咬合や顎の位置の問題などは対応しきれないことがあります。その場合、従来の矯正治療や外科的な治療が必要になることがあります。

 

(2) 矯正期間が長くなる場合がある

マウスピース矯正は歯を徐々に動かすため、矯正期間が長くなることがあります。治療期間は個人差がありますが、従来の矯正治療に比べて時間がかかることが一部のケースであります。

 

矯正前に必要な検査・治療

マウスピース矯正を行う前に、以下の検査や治療が必要です。

 

(1) 口腔内検査

歯や歯茎の状態を確認し、虫歯や歯周病などの治療が必要な場合は、矯正前に治療を行います。

 

(2) X線検査

顎の骨や歯の根の状態を把握するために、X線検査が行われます。

 

(3) 顔面写真・歯列模型

矯正治療の計画を立てるために、顔面写真や歯列模型を作成します。

 

マウスピース矯正の期間と費用

マウスピース矯正の期間は、歯並びの状態や治療計画によって異なりますが、一般的には1年~2年程度です。費用は、矯正治療の内容やマウスピースの種類によって変わりますが、大体30万円~100万円程度が相場となっています。

 

矯正後のケア

矯正治療が終わった後も、リテーナー(保定器)を装着して歯の位置を維持することが重要です。また、定期的な歯科検診や歯石除去、口腔ケアを行うことで、歯並びを長期間維持することができます。

 

まとめ

マウスピース矯正は、見た目が自然で痛みが少ないため、大人の矯正治療に適した方法です。ただし、治療前に十分な検査や治療計画が必要です。また、矯正後のケアも重要であり、リテーナーの使用や定期的な歯科検診、口腔ケアを継続することで、美しい歯並びを長期間維持することができます。

 

マウスピース矯正を検討している方は、ぜひこの記事を参考にして、治療に臨んでください。また、疑問や懸念がある場合は、遠慮なく歯科医師に相談してください。

 

神戸市西区のおち歯科クリニックでは、マウスピース矯正をはじめとした各種矯正治療に対応しております。患者様一人ひとりの状況に合わせた治療プランを提案し、美しい歯並びを目指してサポートさせていただきます。どんな些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちら→