兵庫県神戸市西区池上の歯科医院|おち歯科クリニック

おち歯科クリニック

診療時間

078-975-6401

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 矯正治療
  • 審美歯科
  • インプラント

Pediatric Dentistry

小児歯科

小児歯科

お子さま向けにお口の状態のチェック、虫歯予防、虫歯治療、歯磨き指導などをおこないます。緊急性のある場合以外は、本人が自らの意志でお口を開け、治療に向かう気持ちを育てていきます。
また、小さい頃から歯の大切さを自然に知り自分自身で守る習慣を身に着けて、歯っぴいな人生を歩いていただきたいという願いをこめ、「きりんこリボンクラブ」ではイベントなども開いています。

小児歯科
子どもと大人の歯は、構成する成分や形など当然大きく違います。また成長とともに生え変わるといった大きな特徴を持っています。
おち歯科クリニックの小児歯科治療は、こどもの成長した後のことも含めて考えた治療です。ムシ歯になった歯を治すだけではなく、ご家族と一緒にお子さまの歯と健康を大切に守る歯科でありたいと思っています。

小児歯科治療の流れ

  • STEP1
    治療前のトレーニング

    まずは診療台や器具類に慣れるところからスタート。お子さま自身に、治療で使う器具を見たり触ったりして、治療が受けられるようになるまでのトレーニングをしっかり行います。やさしいスタッフがお手伝いします。

  • STEP2
    お口の検査

    お口の中を拝見し、歯や歯ぐきの状態を確認します。痛みのある検査はありませんのでご安心ください。必要に応じてレントゲン撮影も行います。

  • STEP3
    治療計画の説明

    お子さまのお口の中がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

  • STEP4
    治療にむけてのサポート

    当院では、嫌がるお子さまをムリヤリ治療することはありません。そのため、お子さまご自身が納得して治療を受け入れられるようになるまでに数回の通院が必要な場合があります。

  • STEP5
    治療

    お子さまが治療に納得できたら、いよいよ治療を開始します。
    ただし、緊急性のある処置、どうしても治療の必要な子は、安全のためにスタッフが固定することはありますが、プロがしますので、ツボを押さえた固定をします。むやみやたらに押さえつけるようなことはなく、抜くところは抜く力を入れるとこは入れる、子どもの状態を見ながら、言葉がけをしながら行います。

    それでも泣いちゃうことあります。でも泣いても、暴れても、お母さん心配しないでください。治療に際して子どもが泣くことは必ずしも悪いこととは思いません。
    もちろん泣かなくていい子は泣かさないように、上手に治療が出来るよう全力を挙げて痛くない治療を心がけ、子どもに接することは言うまでもありません。でも、どうしても泣いちゃった。これはしょうがない。泣くことによって子どもは治療のストレスを開放しているともいわれています。でもここからが大切です。私たちは全力で出来たことを褒めます。“上手に出来たね、大きなお口を開けてくれたからやりやすかったよ、ムシ歯菌退治お手伝いしてくれてありがとう、などなど、いっぱい褒めちゃいます。お母さんもごいっしょに!“泣いちゃった、暴れた”なんてマイナスは一切無視です。忘れます。出来たところだけを取り出し徹底的に褒めます。
    シンドかったけど、泣いちゃったけど出来た、がんばった、先生やお姉さんたちが褒めてくれた。この達成感が非常に大切なんです。自信になるんです。次への治療につながるんです。頑張った事実が重要なんです。
     帰りに笑顔でバイバイを、笑顔がでなくても自分からバイバイができるよう、心がけていますので、保護者の方もご協力お願いいたします。 この達成感が今後に生きてくると思うのです。

  • STEP6
    歯磨きや食生活についてアドバイス

    虫歯ができないように、お子さまに歯磨きの練習をしていただいたり、保護者の方には食生活や日常ケアについてアドバイスをします。

  • STEP7
    再発予防

    お子さまの歯と健康を守るために、お子様専用予防きりんこリボンクラブをご用意しています。一緒に大切なお子様の成長を守っていきましょう。