治療説明
 
<一般歯科(虫歯治療)>
 おち歯科クリニックでは、患者様の歯を守ることを第一に考えます。最新鋭の設備を用い、さまざまな知識と技術を生かし、できるだけ削る部分を少なく、神経の処置に至った歯は根本から確実に、心をこめて治療させていただきます。無痛治療



<一般歯科(無痛治療)>
当院では可能な限り、痛みや不安の無い治療に努めています
1表面麻酔をする
針を刺す場所の歯茎にゼリー状の表面麻酔薬を塗り、注射針による痛みを減らします。

 
2極力細い針を使用する
現在市販されている中で最も細い針を使用し、痛みを和らげます。

 
3麻酔薬を温める         
麻酔薬が冷たいと痛みを感じやすいので、専用の保温器で体温と同じ温度に温めたものを使用します。

 
4電動の麻酔器を使用する
電動麻酔器は注入時に最もゆっくり均一な速度で体内に麻酔の液を入れていくため、抵抗が少なく、注射されている感覚がほとんどありません。

※治療部位によっては使用できないことがあります
2012040314240815634.jpg
5痛みを感じにくいポイントに注射する
お口の中には痛みを感じにくいポイント所と痛みに敏感な所があります。院長が長年こだわり続けている確かなポイントに針を刺すこと!!それによってより痛みは減らすことができるのです。




<一般歯科(歯周病治療)>

 歯周病は全身疾患にもつながる万病の元ともいえる病ですが、重症化するまで自覚症状がありません。日本人の成人のうち、なんと80%がかかっているもしくはその予備軍と推定されている現状で、歯周病の早期発見、早期治療は不可欠です。おち歯科クリニックでは歯科医師に加え、歯周治療技術を磨いた衛生士が、検査・カメラでの口腔内の確認等ご納得いただきながら、患者様とともにお口の健康を守ります。

歯周病は、知らないうちに歯ぐきの骨がなくなる病気です。歯の表面にプラーク(歯垢)が付着し、その中の歯周病菌が増殖することによって歯を支える土台であ る歯周組織や骨を破壊し、歯を失ってしまうこともあります。おもな原因はプラークですが、糖尿病などの全身の病気やタバコを吸うなどの生活習慣が、歯周病 をひきおこしたり悪化させる原因にもなっています。
 sisyu01.jpg

歯周病の進行


sisyusinkou.jpg




<一般歯科(義歯)>

 保険・自費によって入れ歯の種類はさまざまですが、おち歯科クリニックではそれぞれのメリットとデメリットときちんとお話させていただいた上で、患者様のご希望に」合わせて作成させていただきます。



 
 
治療説明
 
P.M.T.C.
毎日しっかりハミガキしているつもりでもどうしても歯ブラシの届きにくい所や、汚れがたまりやすい所ができてしまいます。この部分のお掃除を専門の機械で徹底的に行うのがP.M.T.C.です。

歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目には、普段のハミガキでは落とすことの難しい汚れが残っています。この汚れをバイオフィルムといいます。

pmtc.jpg
P.M.T.C.の流れ
1.
専用のチップを使って歯と歯の間の汚れをていねいに取ります。
2.
柔らかいカップ状の機械で、汚れを完全に落とします。

3.
さわやかな洗浄液できれいに洗います

Finish
歯はツルツルでピカピカ!汚れもつきにくく清潔な状態になりました。
1.jpg2.jpg3.jpgF.jpg
 
P.M.T.C.おすすめのポイント


● P.M.T.C.は歯石の除去とはちがい、柔らかい特殊な器具を使うので、痛みはありません。
● P.M.T.C.によって歯の表面はバイ菌のいないとても清潔な状態になります。
● P.M.T.C.を3〜4ヶ月に1度行なうことで非常に効果的にむし歯や歯周病を予防することができます。
● P.M.T.C.は、コーヒーやタバコによる着色が気になる方や、矯正治療中の方にもおすすめします。